バッカルファット除去とは

施術

ブルドッグ顔を撃退できる

年齢を重ねてくると頬の脂肪が下がって、いわゆる「ブルドッグ顔」になってしまい、一気に老け込んでしまったという悩みが出てきます。ブルドッグ顔は老けて見られるだけでなく、暗い印象も与えてしまうことがあるので、できることなら解消したいものです。もし仙台市内でブルドッグ顔を撃退したいのであれば、「バッカルファット除去」という美容整形を受けてみてはいかがでしょう。バッカルファット除去は頬の上にある脂肪の塊を取り除くという美容整形で、施術を受けることで頬のたるみがスッキリとなり、ブルドッグ顔も解消できます。また、ブルドッグ顔を撃退できるだけでなく、ほうれい線を薄くする効果や下膨れを改善するという効果も期待できます。実は仙台市内にはバッカルファット除去を得意としているクリニックがあり、宮城県内はもちろん東北、または他のエリアからも多くの患者さんが訪れています。メスを使う美容整形とははりますが名医がいるということもあり、仙台のクリニックであれば安心して施術を受けられるでしょう。

東北エリアの中でも特に美容外科クリニックの数が多いのは、「杜の都」とも言われている仙台市で、多くの患者さんが美容整形を受けに訪れています。仙台市内の美容外科クリニックでは様々な美容整形を受けられますが、その中の1つに「バッカルファット除去」という施術があります。バッカルファット除去は口腔内を切開し、そこからバッカルファットと言われる脂肪を除去する美容整形です。脂肪細胞自体を除去するので効果は半永久的に続くと言われており、持続性のある美容整形を求める患者さんに選ばれています。ただ、口腔内を数ミリ程度切開するので術後、約3日間程度は通常の食事ではなく流動食のような、柔らかい食事をすることがおすすめです。1人暮らしという人がバッカルファット除去を受ける場合は、事前に食べやすい柔らかい食べ物を準備しておくと良いでしょう。術後は刺激を避けるために熱い料理や、トウガラシなど刺激の強い食材を使った料理は避けるのがベストです。もし、痛みなどを感じないのであれば栄養価の高い食事をした方が、より傷の治りが早まると言われています。